オステオパシーの歴史

希望ノ院

070-5612-3322

〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西16

営業時間 11:00~18:00 定休日 月曜

オステオパシーの歴史

頭痛

2014/01/14 オステオパシーの歴史

オステオパシー医学は米国・バージニア州生まれの医師アンドリュー テーラー スティル M.D.(1828-1917)によって1874年に公表された。
スティルは現代医学の医師であったにも関わらず、3人の息子を相次いで髄膜炎で亡くした。
そのため当時の医学のあり様に疑問を持ち自らの手で「本当に人間が必要としている医学」を模索し、オステオパシー療法を創立した。







 

協会の発足

スティルは1892年にアメリカン スクール オブ オステオパシーを設立し、その後1896年にアメリカバーモント州においてオステオパシー医療がはじめて法的に認可される。
翌年1897年にはアメリカオステオパシー協会が発足する。
その後、イギリスではスティルからオステオパシーを習得したJ.M.リトルジョンが哲学と技術を継承しオステオパシーの学校を設立した。
フランスでは多くの理学療法士がイギリスに渡りオステオパシーを習得し、1975年にA.T.スティルアカデミー校が最初のオステオパシーの学校を創設した。

 

TOP