どんな整体や病院に通っても 改善されなかった方 痛みに耐えてきた方 手術を勧められている方 まずは一度ご相談下さい。

子宮内膜症で悩んでいる方へ

2014-02-10

こんにちは。
ひまし油に関して嬉しい出来事がありました!
ご参考になればと思います。

年末頃から体調を崩し、なかなか復活できずにおりました。
いつもなら復活の兆しが見えてくるのに、今回ばかりはその気配すら感じられませんでした。
年のせいかな・・・と少し安易に考えているところもあり、過信し過ぎだと反省。
年が明け、1月下旬に婦人科にお世話になることになり・・・。
内診と問診により、「子宮内膜症」と似たような症状だということが判明しました。
婦人科の病気にはまだ縁がないと思っていたし(過信し過ぎ 笑)、
「子宮内膜症」に関して全く知識がありませんでしたから、ショックと焦りと・・・少しだけパニックになっていたかと思います。
とりあえずは、血液検査と薬を少々処方され様子を見ることに。
ここ数年間は薬を飲む習慣がなく、副作用の方が気になったので量を半量にし、ひまし油湿布を併用することに。
ひまし油は化粧品などに含有している身近なオイルです。
純度が高ければ飲用することもでき、下剤代わりになります。
しかし、肌から浸透させれば不思議なことに心身の癒しに絶大な効果を上げるということで世界中に支持されているというのはあまり知られていないかもしれませんね。
でも実際にひまし油湿布をやるとなると、結構面倒だなぁ・・・なんて重い腰が上がらないものです(笑)
この頃、東京を主に日本全国で活躍するセラピスト仲間のワークショップに参加して、
「セルフチネイザン」を学びました。
加齢によって肌が下垂するのと一緒で、内臓も下垂するそうです。
内臓の下垂により癒着が起こり、内臓自体も歪み機能が衰えます。
内臓の位置を元に戻し、溜まったこりやしこりをほぐし、不調を解消するこの「セルフチネイザン」のマッサージ法で、毎晩お腹をクルクルひまし油でマッサージ。
ひまし油は重たいオイルですが、そのままでも肌触りは暖かく気持ちの良い。
お腹にオイルが付いたまま、タオルで覆いそのまま就寝。
睡眠の質も良くなる感じで、癒しの効果があるのだと実感しました。
子宮内膜症の症状の効果もあり、下腹部痛や生理不順なども次第に回復していきました。

先日連休前に内診してもらったところ、子宮内が綺麗になっていてサイズもダウン。
下腹部痛や生理痛、生理不順などもすっかりなくなってしまいました。
先生も大変喜んでくれました。
一番嬉しいのは、私自身ですなんですけどね♪

腸や子宮などは、老廃物の溜まりやすい臓器です。
悪くなってからでは、回復させるまでに時間がかかります。
年齢なども関係していきますね。
薬もうまく使いつつ、自然療法も取り入れ、
体に無理なく健康を取り戻すのも気持ちがいいですよ!




札幌の整体・加圧トレーニング・オステオパシー・骨盤矯正なら|インスマニュアルセラピーhomeへ
Copyright© 2014 札幌市中央区の整体ならインスマニュアルセラピー All Rights Reserved.