どんな整体や病院に通っても 改善されなかった方 痛みに耐えてきた方 手術を勧められている方 まずは一度ご相談下さい。

ぎっくり腰について

2014-04-19

・今朝起きたら腰が痛くて起き上がれなかった。
・重いものを持ったら激痛が走った。
・腰痛で靴下をはく事が出来ない。
・痛みでまっすぐに立てない。
・腰の痛みで電車に乗っているのが辛い。
・座って仕事をすると痛みがひどくなる。

時間がたてば治るだろうと、放っておくと長い間苦痛を感じなくてはならなくなってしまいます。

また、ぎっくり腰は早めに治さないと癖になり、ちょっとした事で痛みがぶり返してしまいます。
当院では痛みの緩和をしつつ、ぎっくり腰になりにくい身体を作っていきます。

ぎっくり腰とは
ぎっくり腰とは「急性腰痛症」のことで、脊柱や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨が損傷している状態のことを言います。
原因は椎間関節のねんざをはじめ、さまざまですが、ぎっくり腰は椅子に座りっぱなしの環境の人が多くかかるというデータがあります。

座りっぱなしの姿勢を続けると、体重が腰にかかってしまい、血液の循環が悪くなるので、腰に負担がかかりやすいのです。

腰痛や股関節の痛みはもちろん頑固な首や背中の痛み、、強い肩凝り、、膝の痛み、治りにくい手足の痛みやしびれなど、原因がはっきりしないのにいくら施術をしても改善しない症状のほとんどは骨盤の仙腸関節と全身のそれぞれの関節の異常(捻挫)から起こるストレスによるものです。
これらの症状に対して気休めの慰安的な施術や電気療法だけでは、症状は改善しないばかりか、かえって悪化する場合もあります。

この仙腸関節やそこから起こる様々な関節の歪みやねじれは、通常レントゲンなどの平面的な画像では見つけることは不可能で、動きを主体とした特殊な検査でしか発見されません。

当院では仙腸関節をはじめとする脊椎と手足のそれぞれの 関節の異常 ( 捻挫 ) を正しく探求し、そのお客様の根本原因に対して、もっとも安全で痛みの少ない方法でこれを 整復(正しい状態に戻す) ことに努めていきます。またこのように明確な方針を示すことにより、気休めや一時しのぎではなくお客様自身が 真の健康を勝ち取るお手伝いができる施術を目指しています。

「ぎっくり腰」に悩むあまり、こんな行動をしていませんか!?
・ただ疲れているだけだからそのうち休めば治ると思い放っておく
・自分で治せないかと専門誌を買いあさる
・おススメされる腰痛体操をしてみる
・色々な施術院のはしご
・痛み止めを飲んでみる
・運動をする

こういった行動は、ぎっくり腰を長引かせる要因になりかねません。ぎっくり腰が治らないのは今まで本当の根本療法をしてきていないからなのです。

ぎっくり腰の根本療法とは・・・
・骨盤と背骨のゆがみを整える
・自然治癒力の働ける環境を整える
このたった二つの事が出来ていなければぎっくり腰の痛みが一時的に薄れても多くは再発のおそれがあり、おそらくは痛みも大きくは緩和しません。

この二つの事が整えられれば、 長年悩み続けた癖になったぎっくり腰でも解放されるのです。

ぎっくり腰改善のための重要なポイント
・自分の体の状態をしっかり認識する
・自然治癒力を高める
・施術後に心がけること
・日常生活に潜むタブーをさける

札幌の整体院、インスマニュアルセラピーでは自分一人では見つけられない身体のゆがみを一緒に検査し解決していきます。自然治癒力が低下することでぎっくり腰が起こります。ぎっくり腰の改善には自然治癒力は欠かせません。施術が終わり、身体の回復が早まるようにインスマニュアルセラピーでは毎回アドバイスをします。ぎっくり腰に対し、良かれと思っていることが実はぎっくり腰を長引かせる要因になりかねません。そういったノウハウをお客様に提供します。




札幌の整体・加圧トレーニング・オステオパシー・骨盤矯正なら|インスマニュアルセラピーhomeへ
Copyright© 2014 札幌の整体・加圧トレーニング・オステオパシー・骨盤矯正なら|インスマニュアルセラピー All Rights Reserved.